ここから本文です

平成29年度郡市町村老連会員加入増強促進研修会の開催

平成29年度の研修会が下記により開催されました。

  • (紀北地域)
    平成29年9月21日(木)和歌山ビッグ愛 会議室  参加者37名。
  • (紀南地域)
    平成29年9月26日(火)田辺市市民総合センター会議室 参加者38名。

H290921kensyukai-1.jpg
講演(野口 勉)氏

H290921kensyukai-2.jpg
グループ討議

大阪府老人クラブ連合会会長の野口 勉 様を講師に「会員増強の取組み」について講演の後、参加者が5~6人のグループに分かれ、どうすれば会員の減少をくい止め、会員の増加に繋げるかグループ討議を行った。

グループ討議で出された主な意見(同じような意見はまとめています)

紀北地域

・老人クラブに入るメリット、特典が必要であり、クラブの魅力を高める。
・会員増強5か年計画にある、会員一人ひとりの地道な勧誘活動が大事。
・クラブのリーダーを確保するため、役員の業務の分担化を図り、役員への若手、女性の登用。
・若手高齢者を重点的に勧誘する。
・老人クラブの名称を変える。
・サークルの地域間交流を促進し、自治会と連携し老人クラブへの勧誘を図る。
・健康づくり研修会など老人クラブが行う研修会へ非会員の方にも参加してもらい勧誘する。
・役員の業務が多いため補佐役を多人数設置する。
・みんなの集まりやすい場所に活動拠点を作る。

紀南地域

・老人会の名前に抵抗があり、名称を変える。
・クラブに入会するメリットを広める、特典を設ける。
・活動内容が若い会員にも魅力的なものにする。サロン等の楽しみ方は少し高齢すぎる。
・会員一人ひとりが非会員に声掛けを実施する。
・行政と連携して介護予防活動などの輪を地域に広げ会員の勧誘に繋げる。
・サロン活動の内容の充実を図り、非会員も誘い入会を働きかける。
・会員の配偶者に声掛け勧誘する。
・会員と非会員の交流の場を作る。
・老人クラブ活動に非会員も試しに参加してもらう機会を作る。

このページのトップに戻る