ここから本文です

令和元年度郡市町村老連会員加入増強促進研修会の開催

会員増強の取り組みとして、会員加入増強促進研修会を、紀南地域が8月30日(金)に田辺市の紀南文化会館にて参加者49名で、紀北地域が9月5日(木)に和歌山ビッグ愛にて参加者27名で開催しました。

最初に紀南会場では、新宮市第一蓬莱親睦クラブ畑地泰明会長とみなべ町長寿クラブ連合会岡田政吉会長から、紀北会場では、橋本市神野々笑和会米坂和芳会長と岩出市岩出地区溝川楽天会吉倉髙重会長から、増強への取り組み状況に関する事例発表を行いました。

その後、参加者は、6つのグループに分かれ、「市町村連合会全体における会員数を前年度より増加させる」との目標達成に向けての対策の検討を、一のグループが「環境」、「組織」、「会員」、「クラブの活動」、「現状の対策」及び「非会員の考え」の6つ観点のいずれかを受け持つという形で、それぞれの観点における目標への障害、その原因、原因を除去又は縮減するための対策、その対策の実施可能性等について検討しました。

退職年齢の引上げ、年金受給年齢の引上げ等で若い年代が仕事を持ちつづけ、なかなか老人クラブへの入会をしてくれない中、参加者は、老人クラブ活動の活性化、魅力ある活動の企画、あらゆるツールを活用して老人クラブの魅力や特典を知ってもらう努力などの必要性を確認し合いました。

紀北地域での研修

2019kanyu-kensyukai1-1.jpg

米坂委員長の挨拶

2019kanyu-kensyukai1-2.jpg

グループ討議

紀南地域での研修

2019kanyu-kensyukai2-1.jpg

前田副委員長の挨拶

2019kanyu-kensyukai2-2.jpg

グループ討議

このページのトップに戻る