ここから本文です

平成30年度近畿ブロック老人クラブリーダー研修会開催

6月14日、15日の2日間、奈良県橿原市の「ホテル ザ・カシハラ」(旧橿原ロイヤルホテル)で近畿ブロック老人クラブリーダー研修会が開催されました。

この研修会は、近畿ブロックの老人クラブリーダーが一堂に会し、共通の課題意識を持って「地域共生社会の実現」に向け、自由活発な意見を交換し、これからの老人クラブ活動に資するよう開催されたもので、近畿各府県老連と政令市老連から約300人が参加し、本県からも20人が参加しました。

 


 

1日目は、全国老人クラブ連合会参事の岡本まゆみ氏による「老人クラブ組織の発展に向けて」と題しての基調報告の後、四つの分科会に分かれ、それぞれのテーマに係る事例発表や質疑・意見交換等、熱心な討議が行われました。

本県からは第三分科会において、有田川町老連金屋支部女性部長の森田みどり氏が「地域における交流活動」と題して、清掃活動を通じた子どもたちとのふれあいや体操による健康づくりの取り組みについて、事例発表を行いました。

h30_kinki-leader_01.jpg

分科会で発表を行う森田有田川町
老連金屋支部女性部長

2日目は、奈良県立医科大学教授の赤井靖宏氏から「あなたは知っていますか?こんなに怖い慢性腎臓病(CKD)」と題して、問題出題形式(○か×かで答える)をとりいれたわかりやすい慢性腎臓病の説明がありました。

その後全体会議の場で、和歌山県老連の中尾副会長が第二分科会の報告を行い、盛会のもと無事終了しました。

h30_kinki-leader_02.jpg

全体会で報告を行う中尾県老連副会長

このページのトップに戻る