ここから本文です

平成29年度高齢者相互支援活動研修会開催

友愛活動を推進するための研修会が、7月20日(木)に和歌山市のビッグ愛において開催されました。

今年度は紀北の和歌山市・海南市・橋本市・紀の川市・岩出市・有田市・紀美野町・伊都郡・有田郡地域の老人クラブから78名の皆様が参加し、友愛活動推進リーダーとして、熱心に研修を受講しました。

研修会は、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるために、「集いの場づくり」「暮らしの支え合い」「情報を届ける」の3項目をテーマに、次の通り実施されました。

講演

「地域における高齢者支援活動について」
(一社)和歌山県介護福祉士会 会長 井端智子

報告

「全老連在宅福祉を支える友愛活動セミナー参加報告」
橋本市老人クラブ連合会 会長 澤村 嘉津美

事例発表

  1. 「『相互に支え合う友愛活動』『安心して暮らせる地域づくり』の取り組み」  
    和歌山市楠見地区老人クラブ連合会 会長 中尾 純和
  2. 「有田川老連における事例」
    有田川町老人クラブ連合会 事務局 谷口 友紀

研修会は盛会の中、県老連澤村副会長の閉会の挨拶で終了しました。

h29_sougosien_01.jpg

 (一社)和歌山県介護福祉士会
井端会長

h29_sougosien_02.jpg

和歌山市楠見地区老連
中尾会長

h29_sougosien_03.jpg

橋本市老連
澤村会長

このページのトップに戻る