ここから本文です

平成26年度会員加入増強促進研修会開催される

【紀北地区】

平成26年12月16日に和歌山ビッグ愛会議室において、紀北地区のリーダー53名の参加を得て、会員加入増強促進研修会が開催されました。
本研修会は会員減少が続く中、本年度から始まった全老連の「老人クラブ100万人会員増強運動」を受け、本県においても「老人クラブ会員増強運動基本方針」を作成し、会員増強運動の推進を図る目的で開催するものです。

image001.jpg
研修会受講風景

まず、県老連の遠藤吉貞会長の開会挨拶後、県老連平野耕司事務局長より、全老連「老人クラブ100万人の会員増強運動」についての講演がありました。
続いて県老連藤本一嘱託より県老連の「平成26年度会員増強対策について」の講演がありました。

image005.jpg
県老連 平野耕司事務局長

image003.jpg
県老連 藤本一嘱託

次に事例発表として、市町村老連から会員増強対策で成果が上がっている和歌山市老連と紀の川市老連からの活動事例の発表がありました。
最初に和歌山市老連向団地さくら会落合啓志副会長から、茶話会、カラオケ大会、各種学習講座の開催やきめ細かい広報活動を通じて会員増強を図った「向団地さくら会の会員加入増強活動事例」についての発表がありました。

image007.jpg
向団地さくら会 落合啓志副会長

続いて、紀の川市老連打田駅前やすらぎ会の田中勲会長からは規約を見直し、事業内容や部会活動の充実したことや役員数を増やし役割分担を明確化し、勧誘活動の実施や自治会等地域団体の活動の積極的な取り組みを図った「老人クラブ会員増強促進と活性化について」の発表がありました。

image009.jpg
打田駅前やすらぎ会 田中勲会長

また、地区別開催のため研修会に参加していない紀中・紀南地区の新宮市老連とみなべ町長寿連の会員増強活動事例については、県老連の岡本晃記活動推進員から報告がありました。

以上で講演と事例発表が終わり、最後に、県老連の下津喜久男理事から閉会の挨拶が有り、本年度の紀北地区の会員加入増強促進研修会を終了しました。

image011.jpg県老連 岡本晃記活動推進員

【紀中・紀南地区】

平成26年12月18日に田辺市民総合センター交流ホールにおいて、紀中・紀南地区のリーダー44名の参加を得て会員加入増強促進研修会が開催されました。

本研修会は会員減少が続く中、本年度から始まった全老連の「老人クラブ100万人会員増強運動」を受け、本県においても「老人クラブ会員増強運動基本方針」を作成し、会員増強運動の推進を図る目的で開催するものです。

image013.jpg
研修会会場風景

まず、県老連の赤阪修一副会長の開会挨拶後、県老連平野耕司事務局長より、全老連「老人クラブ100万人の会員増強運動」についての講演がありました。続いて県老連藤本一嘱託より県老連の「平成26年度会員増強対策について」の講演がありました。

image015.jpg
県老連 平野耕司事務局長

image017.jpg
県老連 藤本一嘱託

次に事例発表として、市町村老連から会員増強対策で成果が上がっている新宮市老連とみなべ町長寿連からの活動事例の発表がありました。
最初に新宮市老連西道楽天会の中根敏夫会長から、健康サロンの活用や自治会等関係団体役員との協力活動を通じて会員増強を図った「西道楽天会の加入増強活動事例」についての発表がありました。

image019.jpg
西道楽天会 中根敏夫会長

続いて、みなべ町長寿連の中村武会長からは役員改選で新しくなった会長が区長、副区長と共同で勧誘活動をした事例やチラシ(入会申込者)を作成して各家を回り勧誘して会員増を図った「みなべ町長寿クラブ連合会の会員増強の取り組みについて」の発表がありました。

image021.jpg
みなべ町長寿連 中村武会長

また、地区別開催のため研修会に参加していない紀北地区の和歌山市老連と紀の川市老連の会員増強活動事例については、県老連の岡本晃記活動推進員から報告がありました。

以上で講演と事例発表が終わり、最後に、県老連の仲尾三津造副会長から閉会の挨拶が有り、本年度の紀中・紀南地区の会員加入増強促進研修会を終了しました。

このページのトップに戻る