ここから本文です

個人情報保護に関する基本方針

一般財団法人 和歌山県老人クラブ連合会

一般財団法人 和歌山県老人クラブ連合会は、老人福祉法の趣旨に則り、老人福祉増進を目的とする事業である老人クラブ活動の活性化を図ることにより、老人保健福祉思想の普及啓発に寄与することを目的とする団体です。本会の取得する個人情報(「個人情報の保護に関する法律」第2条第1項及び「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」という。)第2条第3項に規定する個人情報をいい、番号法第2条第8項に規定する特定個人情報を含む)は、この目的に沿って使用するもので、個人情報に関して適用される法令及びその精神を尊重、遵守し、個人情報を適切かつ安全に取り扱うとともに、個人情報の保護に努めるものとします。

1.個人情報の取得

本会は、個人情報(特定個人情報を含む。以下同じ)の利用目的を明らかにし、本人の意思で提供された情報を取り扱います。

2.利用目的及び保護

本会が取り扱う個人情報は、その利用目的の範囲内でのみ利用します。
また、利用目的を遂行するために業務委託をする場合並びに法令等の定めに基づく場合や、人の生命、身体又は財産の保護のために必要とする場合等を除いて、個人情報を第三者へ提供することはいたしません。

3.管理体制

(1)すべての個人情報は、不正アクセス、盗難、持ち出し等による紛失、毀損、改ざん及び漏えい等が発生しないように適正に管理し、必要な予防・是正等適切な安全管理措置を講じます。

(2)個人情報をもとに、利用目的内の業務を外部に委託する場合は、その業者と個人情報取扱契約書を締結するとともに、適正な管理が行われるよう管理・監督します。

(3)個人情報の本人による開示・訂正、利用停止等の取り扱いに関する問い合わせは、随時受け付け、適切に対応します。
また、個人情報の取り扱いに関する苦情を受け付ける窓口を設け、苦情を受け付けた場合には、適切かつ速やかに対応します。

4.法令遵守のための取り組みの維持と継続

(1)本会は、個人情報保護に関する法令及びその他の規則に則った業務運営に努めます。

(2)本会が保有する個人情報を保護するための方針や体制等については、本会の事業内容の変化及び事業を取り巻く法令、社会環境、IT環境の変化等に応じて、継続的に見直し、改善します。

このページのトップに戻る